剣山の紅葉、散り終わり(登山口~二度見展望台編)

今年の紅葉、
平日は晴天やのに、週末に限って台風に見舞われた10月、
紅葉も終わってるやろうなと思いながらも、
まだ落ち葉だけでも残ってたらと期待をしつつ、剣山へ行って来ました。

午前8時、つるぎ第一駐車場の立体駐車場の1Fは7割程度、
2Fは3割程度車が止まってました。
久々の週末の晴れとあって、どんどん車が上がってきてます。

8時半 出発しますよ。
久々の剣山、まろたん行く気まんまんです!

a0133211_20495538.jpg


手元の気温は10度やけど、剣神社の温度計は7度と肌寒く。
歩いたら暑くなるやろうと期待をしながら登山道へ。

登山道の入口、向こうに紅葉が見えて、ウキウキですよ。

a0133211_20500139.jpg


登り始めてすぐ、紅葉が残っています。
最後の見ごろ。
朝の時点では日陰やったんで、帰りに写真を撮ろうと、
すたすた歩いていたら、目の前にキジがっ!

ゆっくり登山道から山へ歩いて行ってたんで、
写真写真・・・

a0133211_20500769.jpg


写ってなかった・・・
慌ててカメラを出すけど、間に合えへんかった・・・

あえたん、残念やったね。
次、がんばって!

a0133211_20574343.jpg


うん、次こそは、素早くカメラを出せるように頑張るから!

ほな、気を取り直して、出発!

a0133211_20574788.jpg


リフトの下を通るトンネルを抜けて、
いつもは左の登山道を歩くけど、今回は紅葉が残ってたらええなぁという
期待で、右側の祖谷(いや)川経由のルートに。

この写真を撮ってたら、トレイルランの方に、
『どっちの道がいいでしょうか?』って聞かれたんで、
紅葉がきれいであろう祖谷(いや)川経由のルートをお勧めしました。
人も少なく、遊歩道みたいな道なんで走りやすいしね。
600mほど遠回りになるけど。

a0133211_21001474.jpg


少し歩けば、祖谷(いや)川の源流へ。
剣山は、たくさん水場があってええなぁ。

a0133211_21040413.jpg



このルートの紅葉はと言うと、

a0133211_21042316.jpg


ほぼ終わってました・・・
ただ足元の落ち葉だけは楽しめましたよ。

本日の服装。
1年前のブログで、厚着して行ったら暑い暑いと書いてあったんで、
温度調節し易い服装に。
長袖インナーに長袖ジップネックシャツ、ブラウス、
ウィンドブレーカはバックパッキングの中、

歩き始めたときは寒かったんで、まろたんもフリースのウエアを着せてたけど、
すぐに脱がせて、ロンパース1枚のみに。

a0133211_21062357.jpg



歩き始めて1時間15分ほど、
まろたんが疲れて来たんで、この後階段もあるし・・・と
はじめてのバックパッキングイン!

すぐに寝ました・・・

a0133211_21133536.jpg


この後、あと50mほどでリフト乗り場の西島駅のところで、
わんこ連れの方と会いました。
写真の許可を得て、ぱちり。
ダルメシアンちゃん、以前見かけた記憶が。
みんなとってもお利口さんでした。

a0133211_21141076.jpg


9時50分 西島駅。
距離が短いルートやと、登山口から50分ほどやけど、
途中、まろたんをバックパッキングに入れたりと
ゆっくりしてたんもあるけど、
1時間20分も掛かってしまいました。

正面に見える、塔の丸、三嶺方面、
ちょっと霞んでるけど、いいお天気。

a0133211_21171759.jpg


西島駅からは、大剣神社、二度見展望台ルートを歩きますよ。
足元だけでも、落ち葉のジュータンやたったらええなという期待で。

途中、西島駅の向こうに、丸笹山が見えたんでぱちり。

a0133211_21171491.jpg


このルートも、紅葉はすでに終わってました。
足元のジュータンも、ほとんどなかった・・・

途中、登山道の補修した箇所が見られました。
より歩きやすくなってました、ありがとうございます。

a0133211_21211375.jpg



大剣神社辺りにある、マユミの実。
はじけた花が可愛い!

a0133211_21234098.jpg


フラットな道に出たら、背負っていた、まろたんを下ろして、
とっとこ、とっとこ、
二度見展望台までやってきました。
青空できれいです!


a0133211_21243632.jpg


こんな景色を見ながらベンチで休憩。
その後、次郎笈へ行った話はまた次回に。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


.

[PR]
by cannondale-f | 2017-11-03 21:31 | 登山 | Comments(0)